子育て

飲まず食わずの慣らし保育!元保育士が語る慣らし保育の内側!

「ママがいい~」と、子どもたちの泣き声が響きわたるのが保育園の春の風景です。

そして、新入園児は「慣らし保育」がスタートします。


初めての保育園生活は 親子共々、不安!不安!不安!の嵐ですよね。

 

そんなママパパに・・・

 

「慣らし保育ってどんな感じなの?」

「子どもはママパパと別れたあとって、どんな風に過ごしているの?」

 

ママパパと別れた後の子どもの様子や、保育士の関わりを、ちょっとのぞいてみたい人におすすめの記事です。

パパさん
パパさん
あんなに泣いて心配だな。
大丈夫かな。

   

慣らし保育ってどんな感じなの?

親子で、保育園生活に慣れるためにあるのが「慣らし保育」です。

保育園での様子がよくわからないって不安ですよね。でも、少しわかると安心です!

ここでは、「慣らし保育ってこんな感じです!」と、外から見えない保育園の内側をご紹介したいと思います。

 

慣らし保育の期間

だいだい1~2週間くらいが目安です。

 

慣らし保育のすすみ方

初日は1時間くらいから開始します。

 

Step1朝からお昼ごはん前まで過ごしてみましょう。

Step2お昼ごはんを食べてみましょう。

☆離乳食は、家庭で食べている形態からスタートします。

☆はじめて食べる食材は、アレルギーなどの心配があるので、保育園で食べる前に、まず家庭で食べてもらいます。

☆はじめて保育園で食事をする時は、ママパパと一緒に食べる保育園もあります。離乳食の大きさやかたさ、味などみてもらいます。

Step3お昼寝をしてみましょう。

Step4おやつを食べてみましょう。

Step5夕方まで1日保育園で過ごしてみましょう。

 

目安は2週間。子どもの様子に合わせ、少しずつ時間がのびていきます。

 

「なかなか時間がのびないな~」という時は!

🌸飲まず食わずでは時間はのびません🌸

ずっと泣いていて「ミルクや水分をまったくとってくれない」「ご飯をまったく食べてくれない」という子もいます。

ママパパがいない知らない場所で、知らない人からなんて「食べないぞ!」とがんばる子もいます。

飲まず食わずの子を夕方まで1日預かるのは、なかなか難しいです。子どもがかわいそうだし、心配です。

そんな時は・・・

  • ママパパの仕事復帰まで余裕があるようなら、子どもに合わせゆっくり慣らし保育をすすめます。
  • できるだけ同じ保育士が関わり、1対1の信頼関係を築きます。安心できるとミルクも離乳食もとれるようになります

🌸お昼寝🌸

お昼寝は、イチバン子どもの不安な気持ちが表れやすい時間です。

日中は機嫌よく遊んで、お昼ごはんも食べられるのに、保育士がお昼寝の準備をはじめると、泣き出してしまう子もいます。

眠れても、短時間で起きてしまい泣き続ける子もいます。

保育士はママパパから、子どもの眠るときのくせを事前に聞き、安心して眠れる環境づくりをします。

「お昼寝をしてみましょう。途中で起きたらお電話しますので、お迎えにきてください。」と、最初のうちは言われます。

ママパパは、きっと「いつ電話がくるかな」と思いながら待機していますよね。

でも「今日は、電話がこなかった!ちゃんとお昼寝できたんだ!」という日が必ずやってきます。

慣らし保育☆朝の支度・子どもを預けます

🌸9:00ごろ、親子で登園します。

 

🌸朝の支度をします。
タオルやエプロン、おたより帳など、持ち物を所定の場所にだします。

ママさん
ママさん
おはようございます。
くまぽん
くまぽん
おはようございます。準備が終わりましたらお預かりしますね。準備の仕方がわからなかったらきいてください。

 

🌸保育士に子どもを預けます。
その時、視診(※子どもの健康観察のこと)をします。

くまぽん
くまぽん
元気ですか?昨日は、少し鼻水がでていましたが、今日はどうですか?
ママさん
ママさん
鼻水はまだでますが、元気です。
くまぽん
くまぽん
今日は、10時半ころ、お迎えお願いします。
連絡先は、ママの携帯でいいですか?
ママさん
ママさん
はい。大丈夫です。
よろしくおねがいします。いってきまーす。

 

ハムくん
ハムくん
こんなスムーズに
いかない日もあるよ。
  • 「これから保育園に行くんだ!」とわかり家から号泣が始まる。
  • 保育園には到着したものの、ママパパとのお別れを察して、玄関からすでに大泣き。なかなかお部屋までたどり着けない。
  • ママパパに「おいていくな!!」と必死に訴え、朝の支度もはかどらない。
  • 昨日までは泣いていなかったのに、今日から泣き始めたよ~。(自分のおかれている状況に、あとから気がつく子もいます。)

 

それでも、なんとか子どもを保育士に預けます。

保育士は子どもがどんなに泣いていても「いってらっしゃ~い」と、ママパパを笑顔で送りだしてくれることでしょう。

ママパパは、後ろ髪をひかれても「お願いします」と、りきって保育士に子どもを預けましょう。ママパパの姿が見えなくなると、子どもは気持ちを切り替えられます。

慣らし保育は、しばらくの間は、毎日、そんなことを繰り返しながら進んでいきます。

でも、少しずつ慣れていくので大丈夫ですよ。

保育園で子どもって、どんな風に過ごしているの?

 

慣らし保育☆子どもと保育士のかかわり

🌸朝のおやつ・おむつ交換が終わると、お天気が良ければ園庭で遊んだり、お部屋で好きな遊びを楽しんだりします。

 

ママパパと別れたあとの子どもは・・・

「ずっと泣き続ける子」

「午前寝する子」

「おもちゃで遊び始める子」と、さまざまです!

 

 

そんな子どもたちに保育士は・・・

 

その子の気持ちに寄り添います。

「ママパパがいいね。すぐお迎えに来てくれるよ。先生と一緒に、待っていようね。」

「抱っこする?」

「お外に行ってみようか」

 

 

好きな遊びを一緒に楽しみます。

大勢の中のひとりではなく、1対1の関係を大切にします。

 

おむつ交換や食事、着替え、お昼寝など生活面を、流れ作業のようには行いません。

できるだけ同じ保育士が関わり、信頼関係を築いていきます。

 

「きれいにしようね」「おいしいね」・・・

笑顔で、優しく言葉かけをしながら、丁寧に関わります。

 

今日も泣いてる、全然慣れない、他の子は泣かなくなってる・・・保育時間がなかなかのびない・・・(涙)と、焦ってしまうこともあるかもしれません。

でも、安心してください。

保育士は子どもの小さな変化を見つける名人です。

 

同じように泣いているように見えても・・・

  • 泣いている時間が昨日より、短くなっているかも。
  • 泣きながらも、周りの様子を見る余裕がでてきたかも。
  • 安心できる保育士や場所を、見つけられたかも。

 

そして、ママやパパに言ってくれることでしょう。

 

「元気でしたよ」

「今日は、抱っこからおりて、好きな遊びを楽しめましたよ」

「お歌をうたうと、ご機嫌で体を揺らしていましたよ」

「お友だちとかけっこして遊びましたよ」・・・

 

ママやパパも、子どもと同じ気持ちで頑張っていることを、保育士は、知っています。

 

だから、親子が離れている間、子どもがどんな風に、保育園で過ごしていたかを、たくさんお話ししたいのです。

 

初めての保育園生活、慣らし保育は不安も多いと思います。

そんな時は・・・

心配事やわからないことは、何でも保育士に聞きましょう。

慣らし保育中ママパパがしていた工夫

くまぽん
くまぽん
新入園児ママが教えてくれました!
ママさん
ママさん
一人の時間を満喫できて嬉しい!
でも、子どもと離れているとやっぱり寂しいなあ
だから親子の時間を大切にしました!

 

保育園の帰り道は、のんびりお散歩またはドライブタイム💛

ドライブと言っても車ではありません。

徒歩だったり、自転車だったり。

景色を楽しみながらの親子散歩や自転車ドライブは幸せ時間です。

風も心地良い。

少し遠出をしたり、公園に寄ったり・・・。

保育園帰りのお楽しみがあると、子どもも楽しみに通園してくれるかなと思いました。

 

・・・とはいえ、体力不足の私は坂道を避けるコース限定(笑)

そして、一大決心!親子ドライブを盛り上げるため&運動不足解消のため、

だけど保育園の送迎期間しか使わないはず!

購入は勿体ないのでサブスクを利用するママさんもいますよ。

電動自転車をサブスク利用で乗りたい!神奈川で契約できる店まとめ 電動自転車のペダルひと漕ぎは、想像以上のスピード感です。快適な電動自転車に乗りたい!けれど値段が高い!と思っている人は多いですよね。ということで、お得に電動自転車に乗れるサブスクについて調べてみました。...

 

慣らし保育でリフレッシュ!でも保育園お迎え時間に注意!意外と厳しい慣らし保育で久々のひとり時間!リフレッシュできることが嬉しいと感じていた元保育士です。8ヶ月から我が子を保育園に預けた慣らし保育時代を思い出しながら、ママの立場と保育士の立場から感じたことを書いた記事です。...

 

まとめ

 

保育園を信頼しましょう

 

「慣らし保育ってどんな感じなの?」

「子どもはママパパと別れたあとって、どんな風に過ごしているの?」と、不安になりますよね。

でも、不安になのは当たり前です。

それは、保育園のことがよくわからないから!

 

保育園のことをよく知るためにも、親子で保育園生活に慣れるためにも「慣らし保育」があるのです。

 

保育園生活を安心して送るためのpointは・・・

「保育園を信頼する!」ということです!

🌸登園したら、ママパパはわりきって子どもを保育士に預けましょう。

🌸心配事やわからないことは、何でも保育士に聞きましょう。

保育士は、保育のプロです。

何より子どもの幸せを願っています。

 

パパさん
パパさん
朝はあんなに泣いていたのに
楽しそうに遊んでいるんだなぁ

 

ママさん
ママさん
せっかくお迎えに来たのに
まだ帰らない!って言うのよ~(汗)

 

少しだけ早めにお迎えに行って、そっとお部屋をのぞいてみてください。

笑顔いっぱいで、楽しそうに遊んでいる我が子の姿が見られるかもしれませんよ。

 

子どももママパパも、笑顔で安心して保育園生活が送れますように💛   

ひとり時間が大好きな主婦です。
Ruriのプロフィール
子育ても一段落し、今はひとりの時間を楽しんでいます。 韓流ドラマと美味しいものを食べることが好きです! 興味があることを発見すると、ブログで発信しています。
\ Follow me /
こちらの記事もおすすめ!