芸能・エンタメ

SHELLYは再婚相手と事実婚!なぜ結婚しない?事実婚のメリット・デメリット

タレントのSHELLY(シェリー)さんの妊娠がわかり、離婚したSHELLYさんがなぜ?と話題になりましたね。

実はSHELLYさん、しゃべくり007のお見合い企画がきっかけで新しい出会いがあったんだとか。

SHELLYさんが「再婚相手とは事実婚!」と発表したことで「なぜ結婚しないの?」と注目が集まっています。

そこで今回は「事実婚」て何なのか、事実婚のメリット・デメリットをまとめました。

SHELLYは再婚相手と事実婚!なぜ結婚しない?

SHELLYさんの再婚相手と言われる方は、現在39歳の星勇次(ほしゆうじ)です。

星勇次さんは、SHELLYさんをカメラで撮っている人です(上の画像↑↑

身長181cmがっちりした体格で、上智大学大学院卒業という日テレのカメラマンなんです。

しゃべくり007のお見合い企画で出会って、本当の交際に発展したようですね。

星勇次さんがSHELLYさんの再婚相手では?と報じられたのは・・・

  • SHELLYさんと星勇次さんが同棲している
  • SHELLYさんが第3子を妊娠している

ですので、周囲は2人は順調に交際していて「いずれ籍を入れるもの!」と思っていたようです。

しかし、SHELLYさんと星勇次さんが選択したのは、再婚ではなく事実婚でした。

SHELLYさんには、元旦那との間に子供が2人いますね。

更に、今回第3子を妊娠されたので、3人のママとなります。

それでも、なぜ結婚しないのでしょうか?

事実婚の方が、結婚よりメリットがあるのでしょうか?

では、事実婚について調べてみます。

SHELLYと再婚相手が選んだ「事実婚」て何?

「事実婚」といえば、俳優の長谷川 博己さんと鈴木京香も話題になりましたね。

公式発表はありませんが、長い交際期間があることから2人は事実婚ではないかと言われています。

では、実際「事実婚」とはどんな状態のことを言うのか調べてみました。

事実婚関係

(1) 認定の要件
事実婚関係にある者とは、いわゆる内縁関係にある者をいうのであり、内縁関係とは、婚姻の届出を欠くが、社会通念上、夫婦としての共同生活と認められる事実関係をいい、次の要件を備えることを要するものであること。
① 当事者間に、社会通念上、夫婦の共同生活と認められる事実関係を成立させようとする合意があること。
② 当事者間に、社会通念上、夫婦の共同生活と認められる事実関係が存在すること。

出典 厚生労働省

 

「事実婚」と認められる定義をまとめると・・・

・お互いに婚姻の意思がある
共同生活をしている
公的な手続きで事実婚(内縁関係)を表明している
・子供を認知している

事実婚は「婚姻届」は提出しませんが、親や友人に紹介したり夫婦として周囲に認めらていたりすることも必要なんだとか。

そして、「同棲」と「事実婚」は同じではありません。

なので、現在同棲中というSHELLYさんと星勇次さん!すでに同棲をしているので、どこからかは共同生活となり「事実婚」という扱いに変わるんですね。

SHELLY!事実婚のメリット・デメリット

今回の事実婚ですが、SHELLYさんは再婚で星勇次さんは初婚です。

「事実婚をしたい!」と言った時、親は反対しないのか気になります。

そこで、事実婚のメリット・デメリットを調べてみました。

「事実婚」メリット

事実婚のメリットをまとめました。

・名字を変更しなくても良い
・親戚付き合いの距離が保てる
・別れても戸籍に残らない
・婚姻届けを出しての結婚と同等の権利がある
・婚姻届けを出しての結婚と同等の助成が受けられる(不妊治療)

事実婚は、相手の親戚と一線を引けるところは気が楽ですが、困った時の援助も受けられないですね。

「事実婚」デメリット

事実婚のデメリットをまとめました。

・子供が婚外子になる
・税の優遇が受けられない
・相続権がない

事実婚のデメリットに子供の関わることがあります。

大きくなった時、何か疑問をもつ場合もあるかもしれません。

そんな時、親の考えを話してあげられればいいのかなとも感じます。

まとめ

タレントのSHELLY(シェリー)さんの妊娠がわかり、離婚したSHELLYさんがなぜ?と話題になりましたね。

SHELLYさんは、再婚相手とは事実婚をすると発表し「なぜ結婚しないの?」と注目が集まりました。

そこで今回は「事実婚」て何なのか、事実婚のメリット・デメリットをまとめました。

ひとり時間が大好きな主婦です。
Ruriのプロフィール
子育ても一段落し、今はひとりの時間を楽しんでいます。 韓流ドラマと美味しいものを食べることが好きです! 興味があることを発見すると、ブログで発信しています。
\ Follow me /
こちらの記事もおすすめ!