お出かけ

ドブロブニクの治安や日本からの行き方は?観光情報も知りたい!

クロアチア共和国の世界遺産「ドブロヴニク」は、アドリア海に面した小さな漁港です。

アドリア海の深いブルーとオレンジ色の屋根の街並みは、ジブリ「紅の豚」のモデルになった街とも言われています。

「死ぬまでに一度は行ってみたい!」言われるクロアチアのドブロヴニク。

そんなクロアチアのドブロヴニクの観光情報や治安、行き方をまとめました。

「ドブロブニク」があるクロアチア共和国とは?

クロアチアは、九州の約1.5倍の面積の国で、クロアチア人・セルビア人等の民族からなっている国です。

クロアチアは、東ヨーロッパのバチカン半島にあり、東側・西側・北側は他国の国境と接しています。

そして南側がアドリア海に面した「ドブロブニク」です。対岸にはイタリアがあります。

 

クロネチアは、国の90%をクロネチア人が占めていて、公用語はクロネチア語です。

 

残念ながら、日本からクロアチアへの直行便はありません。

ヨーロッパの都市まで行き、乗り継いでドブロブニクに入ります。

多くの観光客が訪れるクロアチアへは人気のツアーも組まれていますので、比較的行きやすいようです。

多くの旅行会社で紹介されているので、観光地を効率よく巡るにはツアーが便利です。

クロアチア「ドブロブニクへの旅!ベストシーズン」は「夏」

ベストシーズンは

深い青!夏本番のアドリア海はおすすめです。

青空と青い海が広がる7・8月は観光客が1番多い季節です。

新緑を楽しめる春!

きれいなお花が咲き、新緑が楽しめるのは5・6月です。

観光客も少ないので、ゆっくりと観光を楽しめます。

美味しい収穫シーズン秋!

トリュフやぶどうなどの収穫シーズンです。

また、9月から10月は紅葉が見ごろです。美味しい物を味わいながらゆったり秋を楽しめます。

クリスマスを楽しめる冬!

北部にあるザグレブは観光客が選ぶ『ヨーロッパ・ベスト・クリスマスマーケット』に3年連続で選ばれました。

あたたかなクリスマスイルミネーションをゆったり楽しめます。

 

クロアチアは日本のように四季があるんですね。

好きな季節を選んで行ってみるのもいいですね。

クロアチアの治安

クロアチアはヨーロッパの中でも「治安は良い国」と言われています。

女性のひとり旅も安心して楽しめます。

しかし、最近急増している犯罪があり注意が必要です。それは「スリ」です!

観光客も地元のクロアチア人も狙われているそうです。

混雑しているトラム車内や写真撮影・観光中など、何かに夢中になっている時は要注意です!

「リュックなどで見えるところに貴重品は入れない!」「自分は大丈夫と油断しない!」など、いくら治安が良くても十分に気をつけましょう。

また、置き引きの被害もあります。日本だと「ちょっとなら・・・」と荷物を置いたままその場を離れることもありますよね。

油断せず旅行を楽しんでくださいね。

ドブロブニクの観光情報

クロアチアは、観光スポットが多くある魅力的な国です。中でも人気が高い「ドブロブニク」。

今回は「アドリア海の真珠」といわれるドブロブニクに絞って、人気の観光スポットを紹介します。

旧市街の城壁

旧市街はぐるりと囲む城壁を一周します。

途中に要塞やカフェなどもあり面白いスポットです。

銃壁の上から見る街並みや真っ青な海は、忘れられないほどの絶景です。

プラツァ通り

大理石が美しく敷き詰められた旧市街のメインストリートです。

歩いているだけでも楽しくなりますよ。

レストランやお店が多くあるので、お土産を買うのにもピッタリです。

スルジ山

魔女の宅急便の舞台と言われている街です。

山頂までは歩いても登れますが、体力に自信のない人はケーブルカーで街並みを眺めながらゆっくり登るのもいいですね。

ピレ門

観光客はこの門を通って旧市街に入ります。

厳格な雰囲気を醸しだしている立派な門なので、写真におさめる観光客も多い人気スポットです。

空港へのバス乗り場もあり便利な場所です。

まとめ

以上、クロアチアのドブロブニク!治安や日本からの行き方、観光情報についてでした。

今回ご紹介したのはドブロブニクですが、クロアチアには他にも魅力的な観光スポットが多くあります。

私は今までクロネチアについてあまり知りませんでした。

しかし今回、調べてみて「1年を通して四季折々で楽しめる旅ができる国なんだな」感じました。

あなたもぜひ、クロネチアのドブロブニク旅行を楽しんでください。

ひとり時間が大好きな主婦です。
Ruriのプロフィール
子育ても一段落し、今はひとりの時間を楽しんでいます。 韓流ドラマと美味しいものを食べることが好きです! 興味があることを発見すると、ブログで発信しています。
\ Follow me /
こちらの記事もおすすめ!