お出かけ

ネスタリゾート神戸!雨の日もプールはあるの?チケット払い戻しは?

今話題の「ネスタリゾート神戸」

今回は、アクティビティの中でも大人気の「巨大プールを紹介します。

プールといえば気になるのは、お天気!ですよね。

せっかく何日もイヤ!何か月も前から、チケットをとって楽しみにしていたのに、雨だったら?

「雨の日ってプールは入れるの?」

「チケットは払い戻せるの?」という気になる点をまとめてみました。

ネスタリゾート神戸のプールは、雨の日でも入れます

雨の日のプール基本情報

雨でもプールはやっています!

ですが、注意点もあります。

雷雨の時➡すぐ室内へ避難

危険が伴う強風・豪雨の時➡営業中止

プール入場パス(チケット)の払い戻しはできません

プール入場パス購入後の「取消」・「払戻」・「他のチケットへの変更」はできません。

プール入場パスの買い方&料金

<プール入場パスの買い方>
①窓口で購入

〇その日の体調やお天気に合わせて購入するかを決められます。

〇入場制限の有無やその日の状況がわかります。

〇エントランスゲートで並んで購入します。

〇エントランスゲート夏季の開園時間は、7:30~または8:00~です。夏季以外の期間は開園時間が異なります。

 

②携帯から電子チケット事前購入

〇エントランスゲートに並ばず入場できます。

〇入場制限が発生した場合でも確実に入場ができます

〇利用日を指定して購入します。

〇購入後の日程変更や払い戻しはできません。

 

③コンビニで前売り券購入

〇エントランスゲートに並ばず入場できます。

〇入場制限が発生した場合は、入場できない場合があります。

※入場制限の確認は、HPやエントランスゲートでできます。

※利用日の変更が可能です。(有効期限内)

〇天然温泉やアクティビティ施設とのセット券(5種類)があります。

〇チケットの取り消しや払い戻し、他のチケットへの変更はできません。

 

<プール入場料金>

大人:2400円(税込2640円)

子供:1800円(税込1980円)

※子供は、2歳~小学生です。

※プール以外のアクティビティを利用する際は「1Dayパス(別料金)」が必要です。

 

ネスタリゾートで興奮!仕掛けがいっぱい巨大プール!

水のジェットコースター「グレートブラスター」

10メートルの高さから一気に滑り落ちて一気に急上昇×3回

スリル満点の絶叫コースターです!

2人乗り浮き輪に乗って出発です。

身長制限:身長115cm未満の人は乗れません。

カラフルな光のトンネル「ダーク・スパイラル」

幻想的な体験ができる「カラフルなドットコース」と「光のリングコース」があります。

回転・急降下でスリル満点!

2人乗り浮き輪に乗って出発です。

身長制限:身長110cm未満の人は乗れません。

ファミリー向けスライダー「ファミリー・スプラッシュ」

トンネルくねくね・横揺れぐらぐら!家族で楽しい巨大スライダー!

家族みんなで座れる浮き輪に乗って出発!

身長制限:身長115cm未満の人は乗れません。

2トンの水が降ってくる「水の要塞」

大きなバケツから大量の水が豪快に降ってきます!

身長制限:102cm未満の人は利用できません。

 

yumeちゃん
yumeちゃん
のんびりプカプカ流れるプールや小さな子も楽しめる浅いプールもあるよ!

授乳☆おむつ交換情報

授乳室やミルク用ポットがあります。

おむつ交換もできます。

yumeちゃん
yumeちゃん
授乳室を使いたい時は、救護室に声をかけてね。

お問い合わせ

わからないことがあったら直接、聞くのが1番です。

<お問い合わせ電話番号>

0794-83-5000(代表)

ネスタリゾート神戸 公式サイト

https://nesta.co.jp/

まとめ

今話題のネスタリゾート神戸

その中でも大人気の「巨大プール」についてまとめました。

プールといえば気になるのは、お天気!ですよね。

せっかくのプールの予定。

お天気は?体調は?チケットは?と気になる点はいくつもありますよね。

「雨の日ってプールは入れるの?」➡入れます

「チケットは払い戻せるの?」➡払い戻しはできません

「チケットの買い方は?」➡窓口・電子チケット・コンビニ購入と3種類の購入方法があります。

という気になる点をまとめてみました。

penちゃ
penちゃ
ネスタリゾート神戸には他にも楽しめる施設が盛りだくさんです!その日のお天気や体調と相談してチョイスしてね!
ひとり時間が大好きな主婦です。
Ruriのプロフィール
子育ても一段落し、今はひとりの時間を楽しんでいます。 韓流ドラマと美味しいものを食べることが好きです! 興味があることを発見すると、ブログで発信しています。
\ Follow me /
こちらの記事もおすすめ!